足の外科虎の穴

足の外科を生業とする整形外科医 小林勇人のホームページ

TEL.054-643-1230

〒426-8662 静岡県藤枝市水上123-1

04月

JCR2022

先日パシフィコ横浜ノースで開催された第66回日本リウマチ学会アニュアルコースレクチャーに参加してきました。6時22分静岡駅始発のこだまに乗り、7時50分頃に桜木町駅に到着しました。当日は朝から雨の予報でしたが、幸い往路は雨に降られずに済みました。会場のパシフィコ横浜ノースはコロナ禍の2020年春に開業したらしく、今回初見参となりました。

8時30分のACL 1 (医療安全)の単位取得を目的としている参加者多く、講演が終わるとバラバラと帰途につく先生方が多くいました。私は途中で時々意識消失することがありましたが(笑)、折角5,000円も払っているので最後のACL 7まで聴き、7単位をいただきました。

リアル学会に参加したのは日曜日の アニュアルコースレクチャー だけで、その後3日間は自宅でWEB参加となりました。んー、聴きたい教育研修講演などは殆どライブ配信となっており、オンデマンドでは見れないようになっておりました(注: 5/13~5/31に見れるようです)。でもしっかりと学会参加の10単位はゲットしました。コロナ禍でメーカー主催のホテルでの講演会が激減しており、単位集めが厳しくなっているので、このようなWEB開催はある意味大変助かります。

私が高校生だった1990年頃は、みなとみらい21地区にはベイブリッジと三日月形のインターコンチネンタルホテルしかなく、ランドマークタワーは建設中でした。当時に比べれば、MM21はまあ立派になったこと。30年の月日の流れを感じます。大都会の横浜に比べると、地元静岡市はここ15年あまり変わっていない感じがします。東静岡のアリーナ誘致や清水駅前(移転する桜が丘病院隣)のサッカースタジアム誘致に期待したいところですが、お金の問題もありますし今後どうなるのでしょうか。城北公園のスタバ誘致もご破算となったばかりの保守的な静岡市… what to do and where to go.

ヤマハスタジアム

先日ヤマハスタジアムに初Jリーグ観戦に行ってきました。東名高速を利用して愛野駅までは車で行き、在来線に2駅乗って御厨(みくりや)駅からは雨の中徒歩でスタジアムに向かいました。有料でのサッカー観戦は1999年に国立競技場で開催されたシドニーオリンピック1次予選の日本vs フィリピン戦以来です(小野選手が大怪我した… )。今回は自称「エセ静岡人」を脱却べく、地元静岡のJ1チームの応援に行ってみました。対戦相手はサンフィレチェ広島です。

で、なぜか席はサンフィレチェのゴール裏。安いし空いていると思って購入したのですが、これは初心者の私には大きな失敗でした。この席からは電光掲示板とモニターが全く見えないため、なぜ試合が止まっているのかわからん(ルールもよく知らない)。応援団の旗もかなり視界を遮り、サンフィレチェの1点目はジュビロのオウンゴールだったことは翌日の静岡新聞で初めて知りました(笑)。

後半はサンフレッチェの猛攻に対し、ジュビロGKのコシェレフ選手が目の前で神セーブを連発していました。試合中ずっと小雨が降っていましたが、土壇場の後半44分にジュビロが2-2と追いつき、最後まで初Jリーグを楽しめました。

元々サッカーにはあまり興味がなく、日本代表のワールドカップ予選・本大会もろくに見ない非国民でしたが、Jリーグ… マイブームになりそうです。

第37回焼津みなとマラソン

ドローンからの撮影ではなく…

4月10日に3年ぶりに開催された焼津みなとマラソンのハーフに参加してきました。静岡県内在住者限定、各種目の上限2,000名での開催でした。当日は最高気温が22℃まで上がり、予想はしていましたが暑さで途中に給水所の水が足りなくなったようです”(-“”-)”。私は直前に激しい手術が続き、調子が激落ちであったため、最初からゆっくり目に走ったおかげで最後までそこそこのペースで完走することができました。

津波避難タワーから撮影

結果は24:52- 25:16- 25:14- 24:11- 4:47 (1時間44分31秒/ 120位)でした。ゼッケンの下一桁が1,6,7の選手は「飛び賞」でカツオが貰え、1307番の私も戴きました。10人に3人もカツオをくれるなんて流石は海の街焼津です。最近はご無沙汰していますが、以前毎年のように参加していた別海町パイロットマラソンでは完走者全員に鮭丸ごと1匹を配っていました。しかし残念ながらここ2年はコロナで開催されていないようです。

マラソン後は隣の焼津内港で開催されている焼津みなとまつりに行ってみました。大福引きではなんと今度はマグロ缶詰が当たり、強運が続きました。会場でB級グルメを楽しみ、コロナ禍の中開催された貴重なリアルマラソン大会は終了しました。ちなみに当日はカツオを煮つけにて食べました、まいうー。

カツオとマグロ缶詰

カテゴリーが初めて男子50歳代となった2021年シーズンも無事終わり、少し休んでから出走権の持ち越しが決まっている第71回別府大分毎日マラソン(2023年2月)に向けて再起動したいです。既に2年ぶりに静岡陸協に登録も済ませ、やる気満々です。